NPO法人とっておきの音楽祭

とっておきの音楽祭は、障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、「心のバリアフリー」を目指すストリート音楽祭です。2001年に仙台で始まり、全国18カ所でも開催されており、この趣旨の音楽祭では全国最大規模となっています。合言葉は「みんなちがって みんないい」。
市民ボランティアで結成された実行委員会が、この度、NPO(特定非営利活動)法人となりました。法人化の目的は、とっておきの音楽祭をより安定的に続けていき積極的に展開していくためです。さらに通年活動として、障害のある人、障害のある児童、高齢者を中心に音楽やパフォーマンスを表現する楽しさを知ってもらうためのサポート活動、障害のある人とない人が相互理解するための活動をより一層活発にしていくためです。その一環として、2020年東京オリンピック・パラリンピックのムーブメントにも積極的に参加しています。

活動基本方針 

活動目的である「心のバリアフリーを実現するための活動」と「障害者・児、高齢者の社会的自立の支援」を中心とした活動を展開して行きます。
仙台で開催する「とっておきの音楽祭」を主催し、運営・開催を安定的に継続していきます。
「表現活動サポート事業」を定期的に行い、障害者・児、高齢者そして児童の表現活動を日常的に行える場つくりを行います。

活動内容
とっておきの音楽祭 主催・運営
障害のある人・児の表現活動サポート
表現ワークショップ開催/ワークショップ講師派遣/ドラムサークル
障害のある人への理解を深めるイベント、ライブ、コンサート開催
とっておきの音楽祭キャラバン(出前コンサート)などの主催/行政、他団体との協働、助成事業
全国とっておきの音楽祭ネットワーク化
障害のある人・児のアーティスト、パフォーマンス育成

主な活動
2017年1月~12月

TOGETHER ACTION PROJECT=TAP
とっておきの音楽祭全国協議会 準備ミーティング
とっておきの音楽祭2017
バリアフリーふれあいおもちゃ博in福島
みんなの楽しい演奏会 ワークショップ&発表会
水の森キッズクラブ・表現ワークショップ
TOGETHER ACTION PROJECT=TAP2
イーハトーヴとっておきの音楽祭もりおか
とっておきの音楽祭inMachida
手話で遊ぼうワークショップin東二番丁小学校
バンクミケルセン記念受賞パーティー
「せんだいほろ酔い寄付キャンペーン」


会員募集

特定非営利活動法人は、会員の参加・支援で活動しています。つきましては、趣旨をご理解いただき、会員として、ご支援いただきますようお願いいたします。下記より申込書をダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、事務局までメールかFAX(022-265-0980)にてお申し込みください。

入会申込書ダウンロード

■年会費

正会員

(総会の表決権があり、活動に関わっていただく会員です)

個人様
1口
年額3,000円
企業・団体様
年額10,000円
賛助会員

(総会の表決権がありませんが、活動を支援してくださる会員です)

個人(一般)様
年額2,000円
個人(学生)様 
年額1,000円 
企業・個人様 
年額10,000円 
※口数に上限はございません。

■平成30年度賛助会員(2018/4/1現在)

・あおぞら診療所ほっこり仙台
・安藤税務会計事務所
・GALLA
・向陽台クリック
・ハンズペイント
・株式会社ほまれフーズ
・宮内歯科医院

会報

NPO法人とっておきの音楽祭では、「会報オハイエコミュニケーション」を発行しています。
(不定期・年間2回発行)

ocvol.1.jpg

2017年2月発行

pdficon.gif


事業報告 

29年度事業報告

とっておきの音楽祭メニュー
  • トップページ
  • NPO法人とっておきの音楽祭
  • とっておきの音楽祭
  • ご支援のお願い
  • 出演者募集
  • ボランティア募集
  • 活動記録
  • 映画オハイエ!2